社会福祉法人しまんと町社会福祉協議会

●災害ボランティアセンター体制づくり推進事業


大地震や水害などの災害時には、被災地内外から駆けつけるボランティアの力が、被災地の復旧・復興のために欠かせない大きな力となっています。こうした際に、被災者とボランティアを結びつけるための役割を担う災害ボランティアセンターが必要になります。


災害ボランティアセンターってどんなところ?
 被災住民のニーズ(困りごと)と被災地内外のボランティアの橋渡しをする機能を持っています。災害時に活動するボランティアの拠点となり、ボランティア調整を行います。(被災地と、県内外のボランティアとの調整(マッチング)を行います。)


災害ボランティアセンターの役割

◎平常時
町民の皆様を対象に、災害に備えていただくための研修会や災害ボランティアセンター運営模擬訓練を開催し、災害に対する普及啓発を行います。
四万十町と必要な連絡調整を行います。
四万十町災害ボランティアセンター連絡会を開催し、情報共有を行います。
高知県社会福祉協議会や近隣市町村社会福祉協議会との連絡調整を行います。

◎災害時
四万十町内の被災住民からのニーズ(困りごと)に基づき、災害ボランティアの調整を行います。
県内外からのボランティア登録受付や情報提供を行います。
災害復旧・復興のため、四万十町が設置する災害対策本部と連絡調整を行います。
災害ボランティアに関する情報収集と発信を行います。